Naomi S. Moore

Bachelor of Art, Psychological Studies

日本語版はこちら

Naomi S. Moore

Thank you Dean Wilson, TUJ staff and faculty, honored guests, and our friends and family here to celebrate this cherished moment with us. I know I am not alone in having loved ones who cannot physically be here today due to travel restrictions, and other limiting circumstances. So, for those who are absent or joining us from afar, know that your love and presence is felt, and we deeply appreciate you all.

When I reflect on my six year history in higher education, I notice I have a knack for experiencing university the hard way. My first shot at university, 18 and fresh out of high school, a sudden mental health crisis derailed my studies, so to focus on my recovery I decided to drop out. Fast forward about a year and a half, I am preparing to confidently enter my final year of community college. And, I end up getting hit by a car. As it turns out, managing insurance claims and physical recovery do not mix well with the demands of academia. However, I gathered my grit and proudly graduated with a 4.0. This success against the odds exponentially boosted my confidence, and a year later I headed off to Japan to live the coveted life of a cool, adventurous international student in Tokyo. Then, as you all know, a literal pandemic happened. Honestly, I am a little concerned for what’s coming when I head to graduate school, but I can’t do much but take my chances.

Naomi S. Moore

Now, seriously speaking, we all know that our educations have come to this culmination under extraordinarily unexpected circumstances. And despite this years' worth of attempting to maintain a new business as usual with a "power on" attitude, I know our lives as university students have demanded much more from us.

Following university tradition, our academic performance this past year has been evaluated as usual. We have been marked for punctuality, participation, content memorization and even virtual group work. Yet, these grades, while reflective of basic educational standards, fail to capture the tenacity and sacrifice that has carried us to this finish line.

In the midst of completing our studies, we have been required to overcome so much both within and beyond the classroom. Now, the toll that this pandemic has taken on college students is no secret. A quick Google search will tell you that over 90% of U.S. college students are suffering from the mental health impact alone. For us, Zoom fatigue became a norm, as we struggled with concentration and motivation in classes that previously came with ease. For those who chose to continue online classes back in their home countries, time zone differences have meant 11pm or 4am classes, and even failing courses from accidentally missing tests and deadlines. Though oft unspoken, students with disabilities have lost and even been denied accommodations in the transition to virtual learning.

In our personal lives, we have watched sociopolitical unrest erupt in our home countries, and been left to process the collective trauma from afar. We have lost loved ones back home, and been unable to return to say our goodbyes. And with the unpredictable border closures suddenly forcing us to choose between life here or back home, many of us are separated from friends, romantic partners, and family, while yearning for their comfort in the midst of such fierce uncertainty.

Ultimately, these examples only hit the tip of the iceberg. Throughout all we have been tasked to overcome, performing our student responsibilities has often required us to suppress and compartmentalize complex emotions, and to prioritize our work over much needed rest.

Surely, none of us imagined our undergraduate career would end so sharply derailed from how it started. Yet, in the year and some we have spent managing cycles of crisis, we have rarely taken the time to pause and acknowledge that through our hardship, we have demonstrated an incredible capacity for triumph. From discovering new creative outlets to rapidly adapting to virtual education en masse, or developing new research to proudly earning academic honors, students have proven time and time again their commitment to rising above adversity. Perhaps the highest testament to this resilience, is that we faced each day we struggled keep going, and fought to salvage our purpose despite the crushing circumstances.

We could not have predicted missing out on the full, enlivening experience of our campus and classmates in our final time at TUJ. But while we did not choose this journey, but we can be intentional with how it empowers us. We have proven far more than our academic excellence—we have proven that we are profoundly resilient, courageous, and persevering. We have proven that we can overcome uncertainty, exhaustion, loss, separation, anguish, and isolation to not only survive, but even thrive. As time moves on, the rest of the world may forget what it meant to push ourselves past new limits to earn our educations. But if you look around this room, each graduate sitting beside you is a keeper of this collective memory, and the strength of our stories will last long after the applause of our accomplishment fade.

When I dropped out of my first university, I learned a life-changing lesson: the story of your education will always be more than can be captured on paper. Likewise, everything it took for us to achieve this degree during a pandemic won’t be known from our GPA nor the script on that diploma. So today, we proudly celebrate our unspoken triumph: we are graduating from university during a historic, world-altering pandemic. No matter how separated we have been through time zones, geographic distance, and virtual classrooms, together, we have beat the odds. Some of us know what is on the other side of this graduation—working in Japan, returning to a home country, perhaps a next level of studies. Some of us have no idea, or are still sorting out the whirlwind of transition. No matter your next steps, known or unknown, I trust that if we can face them with even a sliver of the grit, resourceful, and perseverance we have shown this past year, and our education as a whole, then we are more than ready for whatever comes next.


オミ S. モーアさん

ナオミ S. モーア

学士、心理研究学科

ウィルソン学長、そしてテンプル大学ジャパンキャンパスの教職員の皆様、ご来賓の皆様、そしてご家族とご友人の皆様、私たちと共にこの素晴らしい瞬間をお祝いいただきありがとうございます。大切な人が渡航制限などの理由で卒業式に出席できないという状況は、決して私だけのものではないと思います。本日出席が叶わなかった皆様、あるいはリモートで参加されている皆様の存在や想いを受け止め、ここで深く感謝いたします。

6年間の大学生活を振り返ってみると、私には大学で苦労をしてしまう才能があるような気がしてなりません。私は高校を卒業してすぐの18歳で初めて大学に入学しましたが、突然の心の病のために学業が頓挫してしまい、回復に専念するため大学中退を選びました。それから約1年半が経ち、私は自信を持ってコミュニティカレッジの最終学年に進む準備をしていました。ところがそこで、自動車事故に遭ってしまったのです。保険金の請求処理をしつつ事故から心身を回復させ、さらに学業上求められる水準に達成していくことはとても大変でした。しかし、私は気持ちを奮い立たせ、会心のGPA4.0の成績で卒業することができました。この逆境をはねのけた経験によって、私は大いに自信を持つことができたのです。そしてその1年後、私は21歳で来日し、東京で憧れのスリルに満ちた留学生活を開始しました。すると皆様もご存知の通り、このパンデミックが発生したのです。このようなトラブル続きの経緯があると、正直これから迎える大学院での生活に少し不安を感じますが、私はこのチャンスを逃すわけにはいきません。

オミ S. モーアさん

さて、私たちの大学生活はこのように全く予想外の結末を迎えることになりました。この1年間は全力投球の姿勢で授業の維持に取り組むべき時期でしたが、私たちの大学生生活は多くの試練の連続となりました。

コロナ禍の1年間、私たちの学業成績は、これまで通りの基準に従い評価されました。時間を守り授業に参加すること、内容を覚えること、さらにはオンラインでのグループワークなどが評価の対象となります。このような成績評価は基本的な教育基準を反映したものではありますが、私たちが自らを卒業というゴールに導いた粘り強さや、様々なことを犠牲にした経験は、成績として評価されないのです。

卒業までに、私たちは授業内外で数々の困難を克服しなければなりませんでした。このパンデミックが大学生に与えた影響は既に知られている通りです。例えばGoogleで検索してみると、米国の大学生の90%以上が精神的苦痛を覚えていることが見受けられます。私たちの場合は「Zoom疲れ」が当たり前になり、それまで問題なく受けられた授業でも、集中力ややる気を維持することが困難になりました。母国に戻る決意をし、オンライン授業を受講することを選んだ学生は、時差のせいで夜の11時や朝の4時に授業を受けることとなり、うっかりテストや締め切りに間に合わずに落第してしまうこともありました。あまり知られていないことですが、オンライン学習への移行に伴い、障がいのある学生が配慮を受けられなかったり、対応を断られたりという事例もあるようです。

日常生活では、母国で発生した政情不安やパンデミックの惨状を目の当たりにし、遠く離れた場所で集団的トラウマに対処しなければなりませんでした。母国で大切な人を失っても、別れを告げるために帰国することすらできません。また、予測できない国境閉鎖により日本での生活か母国での生活かの選択を迫られました。このような不確実な状態の中で安らぎが必要な中、多くの学生が友人や恋人、家族と離ればなれの生活を送りました。

このような例は氷山の一角に過ぎません。私たちはこのような状況を乗り越え、学生としての責任を果たすために、複雑な感情を抑えて自分を整え、時に休息よりも勉学を優先する必要がありました。

まさか自分の大学生としてのキャリアがこれほどまでに大きく脱線するとは、誰も想像していなかったことでしょう。この1年余りの間で私たちは幾多のピンチに対処してきましたが、一度立ち止まり、困難の中で自分たちが能力を発揮し成功を収めてきたことを振り返る時間はほとんどなかったのではないでしょうか。オンライン授業に迅速に対応できる新たな創造力、新しく得られた素晴らしい研究成果など、私たちは逆境を乗り越えようとする姿勢を繰り返し見せてきました。そして私たちが毎日、押しつぶされそうな状況にもかかわらず努力を続け、目的を達成するために戦ってきたという事実が、私たちの強靭さを示す最大の証拠になるでしょう。

テンプル大学ジャパンキャンパスの学生でいられる最後の時期に、クラスメートと過ごす活気に満ちたキャンパスライフを逃してしまうとは予想もできませんでした。私たちは進んでこの旅路を選んだわけではありませんが、この旅路が私たちにどのような力を与えてくれたかについて考えることはできます。私たちが卒業により証明したのは、学力だけではありません。強い耐性、勇気、忍耐力を持っていることを証明したのです。そして、社会の不確実性や疲労、失う悲しみ、離別や苦悩、孤独を克服し、その中でただ生き延びるだけでなく、この状況でも成長できるということも証明しました。時が経つにつれ私たちは、教育の機会を求めて新たな限界を超えてきた経験や、この状況で自分を奮い立たせたことの意味を忘れてしまうかもしれません。しかし、この会場を見渡してみてください。あなたの隣に座っている卒業生一人ひとりが、同じ経験の持ち主なのです。私たちが得た強さは、拍手喝采が消えた後もずっと残り続けるでしょう。

最初に入学した大学を中退したときに、人は挫折を乗り越え、その後も人生を切り開いて行くことができる、という大切なことを学びました。「卒業証明書に記録された内容が、自分が受けた教育を表す全てではない」ということです。このパンデミックの中で学位を取得するために必要とされた能力は、GPAの数字や卒業証書の文字からは見えてきません。ですから今日、学位記には記載されない私たちが成し遂げたことを、誇りを持って祝いましょう。私たちは、世界を変えた歴史的なパンデミックを乗り越え、大学を卒業するのです。時間的地理的な距離がどれだけ離れていても、オンラインのキャンパスを通して、私たちは共にこの困難を乗り越えてきました。

卒業生の中には、既に卒業後の進路を決めている方もいると思います。日本で働く、母国に戻る、大学院に進んで研究をするなど、卒業後の進路が決まっている人もいれば、まだわからない、あるいは転換期の最中だという人もいるでしょう。しかし、次に進むべき一歩が何であったとしても、たとえまだ決まっていないとしても、このTUJの大学生活で培った気概、臨機応変さ、忍耐力があれば、これからの生活で恐れるものは何もないと私は信じています。